【湯田温泉】レトロな雰囲気で食べる東京下町の味/二丁目鉄板もんじゃ118(山口県山口市)

湯田温泉の飲食店街から少し駅の方に向かった場所にこの店はある。
何度も店の前を通ったことはあるが、山口には似つかわしくないレトロな昭和風の店である。
店の中も何というかガラッとしていて昔の酒場と言った感じ。
東京下町の名物であるもんじゃ焼きを食べるにはピッタリの雰囲気だ。
150x150_square_95320856[1].jpg150x150_square_95320852[1].jpg
ビールを注文しまずはミノを焼く。
油をあまりひかなかったので少し鉄板にくっついたが焦げ付くことなく食べられる。もず美味しい。
そしてもんじゃ焼き。
150x150_square_95320850[1].jpg
明太チーズもんじゃを注文。
キャベツで土手を作って汁を流し込むというベタな方法で焼いたが、若い頃と違ってそんなに食べられないから逆に上手く焦げ付いて美味しくできた。
150x150_square_95320854[1].jpg
ボリューム感もまずまずあり味も中々良く、店の雰囲気とも相まって満足な店だ。

評価:3.2
味:3.3 雰囲気:3.1 サービス:3.1 CP:3.1
シチュエーション:デート

この記事へのコメント